講師紹介

代表 さいとうじゅん

武蔵野音楽大学卒業後、作曲の分野ではヨーロッパの映画やショートムービーなどの楽曲を担当、国内では劇伴や某有名企業の応援歌などです。演奏の分野ではクラシックはオペラへのキャスト出演からポピュラー、ジャズまで幅広く演奏しております。プロデュースでの分野では、インディーズアーティストのプロデュースからエンジニアリング、作編曲まで幅広く活躍しています。ボーカルトレーニング・ヴォーカルプロデュース・DTM等幅広く指導しています。

小澤美咲紀先生

愛知県立芸術大学を首席で卒業。武蔵野音楽大学大学院修士課程修了。平成26年青山財団奨学生。第2回「若き音楽家たちの音の祭典」に出演。第37回読売中部新人演奏会に出演。第86回横浜新人演奏会に出演、横浜音楽協会賞受賞。平成27年武蔵野音楽大学福井直秋記念奨学生。第69回全日本学生音楽コンクール東京大会声楽部門大学の部入選。第19回日仏声楽コンクール入選。サントリーホール主催レインボウ21デビューコンサート、銀座音楽ビアプラザライオンレギュラー演奏メンバー。​​​​​​

岡部昌代先生

国立音楽大学音楽学部演奏学科声楽専修を卒業、在学中に澤畑恵美、大島洋子、小濱妙美の各氏に師事。文教大学大学院教育学研究科を修了。都内の私立小学校で、6年間音楽の非常勤講師を勤めた後、現在は大学や専門学校で非常勤講師として勤務している。

木村雄太先生

大分県国東市出身。大分県立杵築高等学校卒業。 東京藝術大学卒業。
これまでにドゥランテ 《マニフィカト》やJ.S.バッハ《カンタータ8番》《カンタータ78番》《カンタータ145番》、モーツァルト、フォーレ《レクイエム》でソリストを務める。オペラでは《コジ・ファン・トゥッテ》グリエルモ役、《ランメルモールのルチア》エンリーコ役、《ドン・パスクアーレ》マラテスタ役、《リゴレット》マルッロ役、《椿姫》G.ジェルモン役、《カルメン》モラレス役、《カヴァレリア・ルスティカーナ》アルフィオ役、《道化師》シルヴィオ役、《黒蜥蜴》愛男役等に出演。また、和田一樹指揮の下、プッチーニ《ラ・ボエーム》マルチェッロ役でリバティベルオーケストラと共演。今後も《ナクソス島のアリアドネ》ハルレキン役、イタリア文化会館のアニェッリホールにて「トスティに捧げる名曲コンサート」等に出演予定。オペラルマK企画室代表としてコンサートの企画や制作も行う。洗足学園音楽大学演奏補助要員。ヴォーカル・コンソート東京登録メンバー。合唱団「リピート」指導者。

宮川真悠子先生

フェリス女学院大学演奏学科声楽専攻卒業。卒業時、声楽専攻最優秀賞【三宅賞】を受賞。現在は、ピアノ、ボーカルの講師をしながら、女性合唱団フェリス・フラウエンコーアのメンバーとして各種コンサート、BS‐TBS日本名曲アルバムに出演中。 

佐藤明日香先生

昭和音楽大学声楽学科卒業。在学中からリサイタルなどへの出演を重ねています。
卒業後は指導をしながら演奏会などへの出演、ブライダルプレイヤーなどとしても活躍しています。指導方法は、丁寧で特に発声方法の指導に定評があります。 歌唱指導はピアノで細かく指導します。

特別講師 豊島雄一先生

旭川市出身、北海道旭川東栄高等学校卒業、武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業、同校大学院音楽研究科声楽専攻修了。
1998年『リゴレット』(ヴェルディ)のタイトルロールでイタリアデビュー。1999年3月藤原歌劇団公演『ラ・ボエーム』(ミレッラ・フレーニ、ニコライ・ギャウロフ共演)で日本ビュー。1999年よりリクルートスカラシップ奨学生として更にミラノにて研鑽を積む。
帰国後、新国立劇場にて『仮面舞踏会』、『トスカ』『ドン・カルロ』『ウェルテル』『カルメン』等に出演。2003年12月より文化庁芸術家在外研修員として再度渡伊。最近では、欧州で絶賛を受けている、メゾソプラノの女王ヴェッセリーナ・カサロヴァとの『カルメン』で共演の他、藤原歌劇団公演『蝶々夫人』をはじめ、『オテッロ』『道化師』『ラ・ワリー』、第23回国民文化祭・いばらき2008の委嘱作品『小町百年の恋』や『白狐』『高野聖』の初演作品や日本オペラ協会公演『天守物語』、『春琴抄』の日本オペラ作品への出演の他、『ヴェルディ・レクイエム』『ドイツレクイエム』『スタバトマーテル』『カルミナ・ブラーナ』『メサイヤ』等のコンサートソリストとしても活躍。2012年夏には、ザルツブルグにて『かぐや姫』での公演や2013年のあいちトリエンナーレ『蝶々夫人』、藤原歌劇団80周年『蝶々夫人』にも出演。2015年には、新国立劇場にてバリトンには数が少ないタイトルロールを『袈裟と盛遠』のタイトルロール盛遠役で好評を得た。2016年には、平成28年度旭川市自主文化事業公募型市民参加公演にエントリーして採択された、豊島雄一プレゼンツオペラ『かぐや姫』旭川公演を開催、音楽雑誌「音楽の友」や「現代音楽」でも好評を得た。藤原歌劇団団員、日伊音楽協会会員、武蔵野音楽大学講師

寺本早織先生

国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業、同大学声楽コース修了。
大学四年時に、学内選抜の演奏会に出演。
在学中から多数演奏会に出演。老人ホームから様々な慰問コンサートを経験する。
合唱団指導も在学中から行っており、数々の経験を活かしたきめ細かな指導に定評があります。

西塚巧先生

武蔵野音楽大学声楽学科卒業。同大学大学院音楽研究科声楽専攻修了。熊木晟二、大滝雄志、A.オルロヴィッツ、故G.パスティネの各氏に師事。99年イタリアに留学、2000年サンタ・マルゲリータ・リグレ サマーオペラフェスティバル「椿姫」ガストンでイタリアデビュー。地元イタリアの新聞紙上でTimbro Interessante(魅力的な響き)と絶賛される。03年ラパッロのクラリッセ劇場にてパスクア記念ガラ・コンサート、04年サマーフェスティバルで3人のテノール・ガラ・コンサート他 数々のオペラに出演。08年帰国。東京オペラ・プロデュース・メンバー。

安元晃平先生

尚美ミュージックカレッジ専門学校アレンジ・作曲学科卒業。音楽制作会社での経験を元に作曲センスには光るものがあります。制作実績はアニメ・ゲーム音楽のサウンドトラック制作。メジャーアーティストへの楽曲提供及び、アレンジャーとしての活躍です。楽しく分かりやすいレッスンで定評のある先生です。DTMスタンダードコースを担当します。

川羽田敍新先生

日本工学院専門学校コンポーザー・アレンジャーコース卒業。
DTMは元より何でもこなすマルチプレイヤー。
メジャーアーティストの楽曲提供、アレンジャーとしての活躍とともに、アルバムへの参加もこなしています。ドラマーとしての技術も確かでレコーディングからライブまでと幅広く活躍しています。
マルチプレイヤーとして様々な楽器の構成を元にした指導に定評があります。DTMスタンダードコースを担当します。

菅谷豊先生

ESPミュージカルアカデミー音楽アーティスト科卒業。「FUNKY MONKEY BABYS」、「遊助(上地雄輔)」、「水樹奈々」等の楽曲製作に携わるJ-POP、J-ROCK界で活躍中の 作曲、編曲家。代表曲はFUNKY MONKEY BABYS「Lovin’Life」「もう君がいない」
遊助(上地雄輔)「ひと」「ESCAPE」など。FUNKY MONKEY BABYSと共作のアルバムはオリコンランキング1位を獲得。遊助(上地雄輔)氏は楽曲「ひと」でNHK紅白歌合戦に 出場した。作曲等のクリエイティブな面から、レコーディング等のエンジニアリングまで幅広くこなす。
猫と生まれ故郷の沖縄を愛する穏やかな性格。DTMスタンダードコースを担当します。

 

 

最新情報をチェックしよう!

グループ校の最新記事4件